前へ
次へ

優秀な相談を実施する探偵

恋愛を活力と考える人物が多数存在します。異性の存在を意識して日常生活を送ることにより「自身のメンタルが若く維持出来る」と考えているのです。当然ですが気持ちが若く維持されることは行動にも変化を及ぼし、ファッションや趣味等に変化をもたらすことでしょう。独身の男女がこのような思考をもとに生活することに弊害は少ないでしょうが「既婚者が異性の目を意識」して日常生活を送ることには「浮気などの異性間トラブル」に発展してしまう可能性が考えられます。ここでは既婚者の行動に制限が必要と考えるのではなく「既婚者であっても恋愛感情が存在する」ことを前提でお話したいと思います。

探偵が手掛ける浮気に関わる調査の多くは「自身が既婚者である認識を十分に持った人物が調査対象」となることが少なくない現状にあります。結婚して夫婦生活を送り時間が経過すると多くのご夫婦はパートナーを恋愛相手との感情を持たなくなり「家族の一人」と考える傾向にあるのです。

この思考が「パートナー以外の異性を意識」する原因となり「既婚者であっても恋愛感情が芽生え浮気に進展」する状況を生み出している原因の一つと説明がつくことでしょう。そして、浮気をしてしまう人物は「夫や妻である前に一人の男性であり女性であると」考えていると言えるのです。

言葉を変えると「家族としてのパートナーの存在は必要性があるが恋愛相手では無い」と言えるのです。この考え方は「極めて自己中心的な考え方」であることが理解できます。浮気をされた方が怒りの感情を露呈して探偵に浮気調査を依頼することも納得できることでしょう。家族生活を維持するために日々惜しみない労力を提供して「家族内での役割をきちんと果たしている人物」ならば怒りの度合は更に高まることでしょう。

このように「浮気を実行してしまう人物には独自の考え方」が存在し浮気を後押ししている傾向があり、たとえ善悪をわきまえた人物であっても「自身の中で恋愛感情をコントロール」できないケースでは浮気に走ってしまうことも考えられるのです。

浮気が本気か遊びか?

浮気が本気であるか遊びであるかが重要と考える方がいらっしゃいますが探偵目線でお話するならば「浮気をする人物であることに変わりが無く、現在の浮気が終焉を迎えても将来的に浮気に走る可能性は極めて高い」と認識しています。浮気が本気か遊びかを問題視する理由は探偵にも理解できるので「辛い心情は十分に理解」した上で申し上げるのですが「浮気が本気か遊びか?は誰にも分らない将来的なお話」と言えるのです。

浮気相手との環境に変化が生じるケース等を考慮するならば察しが付くと思うのですが「もし、浮気相手との間にお子さんができる」状況を想定できたならば「本気か遊びか?」という問題は重要視しても仕方が無いお話であることが十分に理解できることでしょう。現実的な環境の変化一つで事は大きく変化し傾く可能性を秘めているのです。浮気をしている人物の感情をあれこれ考えてみても「どのような選択をして行動を起こすか?」は未知数と言えます。考えられる選択肢は想定できるでしょうが「想定外の事実」から予想を立てることは不可能と言えるのです。

浮気が招く結末によって人生が大きく変化することはあります。自身の将来に不安を感じ「浮気の本質」と向き合わない選択を選ぶことも自由でしょう。探偵から皆さんに間違いなく伝えられる事は「我慢は限界があり個々に限界は異なる」ということでしょう。感情の限界に伴い自身が迎える精神的な変化や肉体的な変化はどういう形であらわれるかわかりません。そのような状況下で健康的な日常を送れる方は極めて稀な存在と言えるのです。

Page Top