前へ
次へ

不倫で慰謝料請求か?離婚理由で証拠か?

探偵が相談者の悩みに対応する場合に重要なポイントは「相談者がどのような状況を望んで調査依頼」をしているのか?であると思います。仮に相談者の夫が勤務先で社内不倫関係にあり不倫相手との関係を証拠に収めて慰謝料請求をするとします。このような場合には相談者が慰謝料が目当てで不倫調査を実施するとは考えられないのです。探偵な勝手な思い込みによる調査はトラブルの原因となります。

慰謝料請求により不倫相手に「不倫関係を清算させたい」との思惑があるのか?はたまた「不倫相手と旦那さんの関係を断ち切ることは諦め「離婚することを前提に各種請求をきちんと済ませる」ことを目的として実施する調査なのか?最終的に相談者が望む方向性をきちんと認識することが探偵にとってとても重要となるのです。もし、相談時にこの意図をくみ上げられない探偵が実施する調査は「十分な内容の調査」とならない傾向にあり、依頼人が納得する調査を実施できない探偵との評価を受けることでしょう。

このように探偵は依頼人が相談時に描いているビジョンが結末として可能かの判断を提示すると共に「どの程度まで掘り下げた調査が必要か?」等は認識して調査を実施進行する必要性があるのです。

相談時に探偵が十分な理解を得られないまま調査に着手進行した場合には「内容不足な調査」となってしまうのです。最終的に依頼人が想定する結末に対処可能な調査報告が要求されている認識つまり「夫の不倫が離婚の事由」で離婚するので「不倫の証拠」を欲している相談であると探偵は認識していなければならないのです。

不倫関係が長期化する理由

不倫関係は簡単に清算できないことが特徴として上げられます。何故か?お互いに欲している部分を提供しあうだけの関係が心地よいことが理由として考えられます。妻子ある夫が会社の女性部下と長い期間不倫関係にある状況などの場合には不倫相手が会社内の妻的な役割を果たすなどの感覚が適当な表現であると言えるのです。不倫相手である独身女性部下は結婚によって生じる「妻が背負う役割を担うことに魅力を感じていません」

ですから男性上司と不倫関係を継続するのです。結婚に魅力を感じていない女性部下にとって最適な関係と言えるのです。男性上司の心情は「妻との家庭を壊すつもりは無いが妻には物足りない現実から不倫」との感情が働いている。このようにお互いに自身の欲するモノだけ手に入れる楽な関係性が現実にあり不倫関係が長く継続してしまうのです。全ての不倫関係がこのようなケースであるとは断言出来ませんが多くの場合には「似通った理由が存在」して継続しているものなのです。

再会し浮気・不倫に進展

学生時代のクラス会などで過去に想いをよせていた人物との再会を果たすことは日常的に起こっていることでしょう。長い時間を共有することなく個々の人生を歩んできたことから結婚している状況は当然の流れと言えるでしょう。お互いに家庭があり子供もいる状況で再会して昔話に花を咲かせ楽しい時間を久しぶりに味わうことが出来るでしょう。この日を終えてしまえばまた日常しかまっていない「少々さびしい感情」から連絡先を交換したりSNSで交流を持つことは当然の流れと言えるのです。

多くの浮気経験者の経験談に上記の流れはあるものです。しかし、後日連絡を取り合い関係を深める人物はごく少数と言うところが現実でしょう。浮気や不倫関係に進展するには幾つかの条件が重ならなければ現実には起こりえないと言えるのです。どのような条件があるかお話しますと「お互いの現状を隠さず話すことができる信頼関係が成立」している間柄は親密な関係に発展しやすいと言えます。現状抱えている悩みや問題を相手に素直に伝えあえることは「ある意味、夫婦以上の信頼関係が成立」していると言えるのです。パートナーには抵抗があって話せない相談が不思議と相談できたりしてしまう関係と言えるのです。

その他の条件は「夫婦関係や家庭に不満」を持っていて改善する余地が無い絶望的な状況の中に身を置き、相手を幸せにしたいと考え、楽しい時間を提供しようと努力したり励ましたりする。そのような関係から親密になることは少なくないと言えるのです。家庭を天秤にかけるリスクを承知で浮気・不倫関係になるのですから相応の条件や状況がなければ現実的では無い関係と言えるのです。

Page Top