前へ
次へ

ご依頼の際に認識すべきこと

探偵が実施する調査のすべてが「ご依頼者様の求める結果に直結していない」ことはご理解頂けることでしょう。探偵がご相談時点で提案する「結果を出すためのプランは理想に過ぎない」と言えるのです。

幸運なご依頼者様は「想定の範囲内での調査で結果を得て満足な心情」で調査を終了します。もし、調査が想定通りに運ばずに「時間と予算を大幅に超えてしまったケースでは満足な調査とは言えない」状況となってしまい、探偵が想定していた理想的な筋書きと違うことから「トラブルに発展する」ことも珍しくないのです。

このような状況は探偵業を運営して行く上で「ご依頼者様・探偵」の双方にデメリットとなってしまい、悪いケースの代表と言えるでしょう。このような事態を回避するために重要なポイントとなることが「探偵の提案以外の結果も存在する」ことを調査契約時点でご依頼者様が認識していただくことなのです。

探偵は依頼欲しさに「自身に都合の悪いご説明を避ける傾向にあり、調査に関するリスク説明が不足しがちにある」と言えるのです。ご依頼者様ご自身にとって「最善の想定と最悪の想定」のどちらが探偵の調査結果でもたらされるかは誰にも予想不可能と言えるのです。

探偵が調査のプロフェッショナルである由縁

アマチュアとプロフェッショナルの違いは何か?あらためてご説明することではありませんが「生業としているかしていないか」が大きく違いとなって表れるものでしょう。真剣にその生業で稼ぐ人物はプロフェッショナルな意識のもとに業務を遂行するものです。一方、アマチュアは「中途半端な意識」で取り組む場面が多く「当然、利益を生み出す業務に徹することができない」場面が数多く見受けられるものでしょう。

何故、このようなお話しをするか疑問をお持ちになる方のためにご説明するのですが「探偵と呼ばれる職業が調査のプロ」として存在している由縁についてお話ししたかったのです。このお話しをご一読頂いた人物が探偵の善し悪しについて少しでも理解を深めることを期待してお話ししたいと考えたのです。

探偵は報酬を支払っても価値のある情報を取得し「プロフェッショナルな調査を実施する」職業であり、「専門的な調査知識ももちろん必要」ですが「世間の変化やニーズに適応した調査」を実施できなけければ「調査のプロフェッショナル」の領域で業務を実施できているとは言えません。

探偵としてプロの調査人としてのレベルに必要なノウハウは言葉で語るには難しいが正直なところです。

探偵学校の講義や探偵の自叙伝を参考に、プロの調査人が実施する調査業務がどのようなものであるか理解するところから始めても理解を深めることは困難と言えます。こと探偵という職業に関して言えるのですが「探偵としてのお手本が存在しない」職業ですから、探偵個々の人間性で「正直な業務が実施できる探偵」と「結果に全く関係なく報酬目当てな探偵」とに大きく別れる職業が探偵とも言い換えることができるからなのです。

そんな探偵業界ですから「プロの探偵としての職業を長年継続できる人物は僅か」と著者は考えているのです。

そもそも、探偵業界に存在する探偵の多くには「自称探偵というレベルでしか調査業務を実施できない人物が多く、そのような探偵が実施する調査は、お世辞にも「プロレベルに到達していない」現実と言えるのです。

調査で結果が出せない人物は正直なところ「依頼人から報酬を得る資格が無く」自ずとプロフェッショナルな探偵とは言えませんし「探偵業界のマイナス原因」と断言できるのです。同じ調査結果を得るために二日で調査を終了する探偵もいれば、四日かけて調査結果を得る探偵も存在するのです。

探偵業界に多く聞かれる消費者とのトラブルも「このような調査レベルで結果を出せない探偵」が時間を掛けて多くの調査費用を必要とし、依頼人の満足や納得とは程遠い次元で調査を実施していることが原因の多くと考えられるのです。

この状況のどこが「プロの探偵」なのか?長年、探偵業に従事し依頼者の満足に繋がる調査業務を実施してきている優良な探偵からすると迷惑な存在でしかないと言えるのです。

プロの探偵が実施する調査は「探偵のミスから再調査」などの確率が極めて低く、実施する調査を失敗しない成功率が安定した「依頼者目線で安心の調査を実施できる」存在と言えるです。

Page Top